国籍の壁を超えて幸せになりたい方を応援中!

国際結婚は離婚率が高いから危険?

一部の人が強い憧れを持つ国際結婚ですが、統計ではおよそ半数以上のカップルが離婚するという結果が出ています。
日本人同士の結婚の離婚率がおよそ3割から4割という統計から見ると、驚異的な数字と言えるでしょう。
離婚する原因として、言語や文化の違いで衝突したり、どちらかが慣れない外国生活を強いられるために日々ストレスが溜まるなど、様々な原因が考えられます。
しかし、今日の個人主義の時代においては、国内結婚ですら存続させていくのが難しいのに国際結婚はなおさら困難である、と断言するのは早まった考えで、国際的な結婚がうまくいった場合、お互いを大切に想い助け合う素晴らしい家族を築く可能性もあります。
なぜなら、インターナショナルな結婚においては、多くの場合どちらかが必ずマイノリティーになるので、一方が他方を常に思いやる気持ちが育まれるからです。
特に、外国人との間に生まれた子供は、苦労する一方の親を常に見続けるため、人を積極的に助ける子供に育つ場合があります。
国際結婚でお互いを思いやる姿勢を見せることが、そのまま子供の教育に繋がるケースがあるのです。
離婚率が高い一方、良い家庭を築けるかもしれないチャンスがあるのが異国人との結婚です。

私たち、国際結婚します!となったらするべき3つのこと

生まれや育ちが異なる2人が夫婦となる国際結婚ですが、日本ではまだまだ少ないのが現実です。
結婚するとなった時、何をどうしたらできるのかということをご家族やご友人に相談できればベストですが、そのような知識や経験を持った知人が周囲にいないという人の方が多いのではないでしょうか。
国際結婚の手続きの進め方は、結婚相手の国のルールによっても変わってきますが、まず、婚姻届を出すことから始まります。
日本の役所と、相手の国の所定の場所それぞれに提出しなければいけません。
もし、二人の出身国とは別の国に居住している場合には、その国でも手続きが必要となりますので注意してください。
また、日本と相手国とどちらに先に書類を提出するかによって手続きの流れが変わることがありますので、確認が必要です。
二つ目にすべきことは、苗字の変更です。
日本人同士だと通常婚姻届を提出することで自動的に苗字は変更されますが、外国籍の方との結婚の場合、「外国人との婚姻による氏の変更届」という書類を役所に提出する手続きが別途必要です。
結婚したからには夫婦同姓になりたいという方は、この手続きを忘れないようにしましょう。
そして、三つ目にすべきことは、居住許可をとることです。
日本に住む場合、結婚相手の性別により手続きが変わります。
外国籍の女性との結婚や、相手の方に犯罪に関わった過去がある場合などには、審査が必要となりますので注意しましょう。

recommend

プロのカメラマンとライターが作るパンフレット。

パンフレット 制作

解体工事からその後のゴミの処理まで一貫して対応可能です。

解体工事 大阪

使われていないメールアドレスのクリーニングを依頼したい方はご相談ください

メールアドレスのクリーニングを依頼する

2018/9/14 更新

$q." -rt","count" => 3,);//←※リツイートを除く。表示件数:3件。 echo "
\n"; echo "

『".$q."』 最新ツイート

\n\n"; $results = search($query); foreach ($results->statuses as $result) { echo "

\n" . "
\n

@" . $result->user->screen_name . "

\n" . "

" . $result->text . "

\n" . "

" . convert_to_fuzzy_time($result->created_at) . " - \n". date('Y年m月d日',strtotime($result->created_at)) . "

\n" . "
\n
\n
\n\n"; } echo "
\n\n"; ?>

↑↑上に↑↑